エンジンパーツ

RRP スーパーロムECU for ZC33S - ZC13S

スイフトユーザー待望のスーパーロムECUが発売になりました。

新型エンジンの性能を引き出す為に、徹底的にデータ―解析しながら安全マージンを持たせながら、最高のパフォーマンスアップを実現しました!

ターボエンジンの特性を活かしながら、ターボブーストを上げて潜在的なパワーを引き出しています。ノーマルでは物足りない高回転での伸びも、ストレス無く回るようになります。

街乗りユーザーにはストリートの扱い易さや力強いトルク感!スポーツ走行ユーザーには、全体でのパワーアップと圧倒的なトルク感!高回転での伸びも体感出来るようにセッティングされています。

スイフトのドライビングが更に楽しめるようになります!

フルスペックV1.1変更点

燃料マップ
基本噴射マップを適正化!燃費も考慮して変更しました。
直噴ターボの良さも引き出しました。
空燃比コントロールマップ 
空燃比コントロールマップを適正化変更して、低回転ではトルク感を出しつつ、高回転では軽快にエンジンが回るようにセッティングされています。
 
点火マップ
スイフトのECUでは世界各地で統一して販売を行えるように、同一マップでコントロールされています。日本のような、ガソリンの質が良い所では、まだまだ進角する事により、トルクアップやパワーアップが期待できます。
アールズでは、膨大なテストデータから最適な点火時期を見つけ出し、Kシリーズエンジンのパフォーマンスを最大限に引き出します。アクセルを踏んだ時のトルク感も点火時期変更により、大幅に向上しました。
可変バルブタイミングマップ
エンジン最大のウィークポイントが可変バルタイの調整です。カムシャフトのパフォーマンスを最大限に引き出すためには、緻密なマップコントロールが必要になりこれを行うことにより、乗り易くしかもパワー向上が可能になりました。
低速でのトルク感も可変バルタイの効果が出されています。
ノーマルデータでは、まだまだ引き出されていないパフォーマンスを再現します。
    
ブーストコントロールマップ
ノーマルで制限されている、ブーストを上げて更なるパワー&トルク向上を目指しました!
ブーストリミッター 変更
ブーストアップ時に起こる、燃料カットをMAP変更により引上げしました。
    
トルクコントロールマップ(トルクダウン製御)
燃料マップ、点火マップ、可変バルタイマップ等でトルク&パワーアップがECU書き換えで期待できます。しかしトルクコントロールマップが変更されていないと、データ変更によりパフォーマンス向上もトルクダウン製御が働き、点火時期がリタードしたり、スロットルが微妙に閉じられトルクが抑えられてしまいます。アールズではトルクコントロールマップを適正化する事により、ECU全体のコントロールを可能にしました。
スロットルコントロールマップ
純正のスロットルマップでは、どんなユーザーさんが乗っても良いようにかなり鈍感なスロットル製御に設定されています。体感ではレスポンスが悪く、ギクシャク感が有ります。アールズではワイヤー式のレスポンスを目指して、超リニアなスロットル製御が可能になるよう、セッティングしました。
ノーマルでは低回転と高回転では、レスポンスが違うような設定にしてありますが違和感が多いので、アールズでは低回転も高回転も同じ感覚で、操作出来るようにスロットルコントロールマップを変更してあります。

回転リミッター変更
6000rpm → 6500rpm(MT車のみ変更)
※ノーマルは6000rpmでスロットルリミッター
 6300回転で燃料カットリミッター

スピードリミッターカット
180キロ → 280キロ
ノーマルはスロットル製御によるリミッター

クルーズコントロール リミッター変更 (セーフティパッケージ装着車は除く)
ノーマル105Km → 125Km


赤線 ノーマル
緑線 スーパーロムECU書き換え後
比較:書き換え後は馬力25PS トルク3.4キロ向上しました。

※アールズでダイノパックでの測定になります。
(2018/3/4 気温20度 晴れ)
 絶対馬力比較ではありませんのでご理解下さい。

 

書き換えの流れについて 

スイフトスポーツにはイモビライザー(盗難防止装置)が装着されている為に、
お客様が使用しているECUのみでしかエンジン始動出来ません。
ECU書き換えには2種類の方法が有ります。
当店に直接ご来店して頂いて、ECU書き換えを行う方法
  • 書き換えのご来店予定日時をお伝え下さい。 こちらの予定と照らし合わせて予定を組ませて頂きます。
  • ECUオーダーシートをダウンロードして記載をして頂き、メールやFAXでお送り下さい。当日でも問題ありません。
  • 当日来店して頂いて、作業となります。書き換え時間は30分〜60分程度掛かります。
お客様のECUのみを運送便で、当店まで送って頂き書き換えを行う方法
  • ECUを送付する予定を当店までご連絡お願いします。 イベント参加や当店のお休み(月曜日や年末年始など) もあります)が重なると発送に時間がかかるケースがあります。
  • ECUオーダーシートをダウンロードして記載をして頂き、メールやFAXでお送り下さい。ECUと同時に送って頂いても大丈夫です。
  • 支払い方法、振込みか代引きかお伝え下さい。 見積もりを依頼する際には必ず決めておいて下さい。

    振込みの場合
    ECU発送前か発送と同時期に入金をして頂けると、ECUを受け取って
    書き換え完了時には入金確認が出来るので、書き換え後スムーズに発送が出来ます。
    入金手続き時はご一報下さい。

    ※振り込み時注意事項
      土日祭日が絡む振込は時間がかかるケースが有ります
      入金確認が出来ないケースは、発送が遅れる事もあります。


    代引きの場合
    書き換えが終わり次第代引き発送させて頂きます。
    (現金決済のみ対応になります)
  • ECUを車輌から外して下さい。
    ECUはカウルトップ下側にある為に、カウルトップを外して取り出しになります。
    ワイパーアーム、ECUBOXなども外した状態にして、ECU本体のみして頂いて緩衝材で包んでお送りください。

    ※ECUのコネクターのピンが非常に小さいので外す際には、注意して外して下さい。
  • ECUを送料お客様ご負担でアールズに送って下さい。
    発送時は午前中着指定をして下さい。
    午前中に受け取りが出来れば、基本的に書き換えが終れば即日出荷可能です。
  • 書き換えが終わりましたらアールズから発送します。
    お支払いが銀行振り込みの場合は入金確認後発送。
  • ECUが届きましたら外した手順と逆に車輌に取り付けして下さい。

    ※ECUのコネクターピンが非常に小さいので取り付けの際は、注意してください。
    ピンが折れまがってしまってコネクターを装着するとエンジン始動出来ない事も有ります。


    ECU取り付け後、電子スロットルの学習を以下の手順で行って下さい。

    1:イグニッションを60秒間ONにする。
    2:イグニッションをOFFにする。
    3:エンジン始動
    4:5〜10分程度アイドリング

    異常が無ければ、走行OKです。
    スーパーロム ECUを楽しんで下さい!!
(税込価格) 希望小売価格
E33-400:
RRP スーパーロム ECU フルスペック for ZC33S
適合車種
ZC33S スイフトスポーツ MT車両 AT車両

118,800 円

注文数
E13-400:
RRP スーパーロム ECU フルスペック for ZC13S
適合車種
ZC13S スイフトRST  AT車両
※レギュラーガソリン仕様

118,800 円

注文数

※ ZC33S、ZC13S共に 車両持ち込みでのECU書き替えの際、
  ECU脱着工賃5,400円(税込)別途掛かります。

納期について

予定を入れて頂いて、入金確認が取れていれば基本的には当店に到着後(午前中着)で有れば当日の夕方には返送致します。

送金について

土日祭日が絡む送金は、入金確認が出来るのに時間が掛かるケースがありますので、十分に注意して下さい。
当店が月曜日休みの為に入金が確認が遅くなるケースも有りますのでご注意お願いします。

ご注文はこちら  ECUオーダーシートはこちら
ページの上部へ戻る